強運は自分でコントロールできる

自分は運がいい人という人で、暗くイジイジした人は見た事がありません。

運がいい人と思っている人は前向きでポジティブだから、多くの人に出会いチャンスが広がる。また、ここぞというすごいタイミングで人にも助けられる。「運の良さ」は、たまたまの偶然ではなく、自分の生き方によって変えられます

運がいいというのは、大事なときに、自分にとって理想的なチャンスに巡り合います。

脳科学や心理学的の研究成果では、運とはかなりの程度において、自分で引き寄せられるものであることがわかりつつあります。「運も実力のうち」という言葉がありますが、まさにその通りです。

運がいい人たちは、とても明るく楽観的で、人よりもポジティブな考え方を持っています。自分から進んで新しい経験を得ようとするし、より多くの人と出会おうとします。また、いつもアンテナを高く立てているので、「これはチャンス」と感じたときの決断が早く、自分のポジティブな直感でどんどん進んでいく人が多く見られます。

運の悪い人は、いつもネガティブな思考をする人が多い。だから新しい出会いも少なく、長期的な人間関係にも恵まれません。新たなチャレンジにも否定的で、どうしてもいつも無難な選択をしてしまう傾向が見られます。うまくいかないことは他人や環境のせいだと思い込み、自分のせいではないと言い訳をしたり、自信がないので結局は周りの意見に振り回されてしまい、なかなか決断ができず、せっかく来たチャンスも逃してしまっています。自分自身の姿勢、行動、言動が、運がいいか悪いかを分ける決定的な要因になっています。

成功者を目指す人は、常にポジティブで前向きな姿勢をし堂々としておきましょう。

パワースポットにも出向きパワーを感じることをおすすめします。