起業するうえで大事なスキル

起業する人は絶対

会社の全体像を把握する必要があります。そこから5W2H「Who(だれが)、When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように/いくら)」、将来のビジョン、社員の働く環境は適切かなどを考え、経営の方針を定める事がマストです。

これらの判断をするために、他社の成功事例や著名人の本などから先人たちの経営に関する知識を学び続ける必要があります。会社を大企業へと成長させるためには、経営の勉強を続けて知識を高め続けることが大事になります。

マーケティングの知識

顧客に満足度をあげるためにはマーケティングの知識がマストです。業界の動向や自社の強みを理解して顧客を集客できる仕組みを作り、リピートしてもらえれば会社の経営を安定させられます。

会社を成功させるためには、マーケティングの知識を勉強し会社の魅力を的確に人に伝えることが重要です。

起業を支えてくれる人脈の多さ

人脈が多ければ顧客の獲得や情報交換ができ、様々なメリットがあります。取引先や顧客と信頼関係が築ければ色んな人を紹介してもらえて会社を経営していく支えとなります。

自分の好きな著者のセミナーや交流会に積極的に参加して、人脈づくりを行うことも社長にとって大事です。自分と同じ考えの社長と出会えれば、経営に関する勉強となるだけでなく、ビジネスチャンスに繋がります。

会計や経理に関する知識

計画を部下に伝える時に、数字と根拠を提示できれば説得力が違います。どれだけのリスクを負って、どれだけの利益が得られたかが明確に示せるからです。

起業する人が経理に疎いと詐欺されたり、金額を抜かれたりもするので会計や経理に関する知識を身につける必要があります。

法律の知識

会社と消費者の立場は違います。会社を経営する上で問題が起こった時に経営者は知らなかったではすまされません。事業の許認可が必要かをはじめ、労働基準法など事業に関連する法律の知識を勉強するし知っておかなければなりません。

弁護士などの専門家や監督官庁など行政機関に確認してみてください。

論理的な思考

経営に対する計画を立てる時に、さまざまな状況を予測する必要があります。計画を実行した結果から、予測に基づいて調整を行っていけば目標に近づける可能性は高くなるからです。

計画・予測・調整(PDCA)を正確に行うためには、目先のことや感情に流されない論理的な思考が大切です。それにより、5年後10年後に確かな成果が出せる経営が行えるでしょう。

プレゼンのスキル

資金調達や商品の魅力を伝えるためには会社をアピールしたり、ビジネスを行う上で人にわかりやすく話を伝えるプレゼンのスキルはマストです。

人前で話ができない経営者は従業員に共感を得る事ができず事業を拡大することも困難になります。