サービス業で身につけられるスキル

ここでは、どのようなスキルが身につくのかをご紹介します。

マナー

サービス業では、業務を通して「相手に喜んでもらう」ことが大前提です。

失礼にあたるような作法や言葉遣いは、サービス業では避ける必要があります。

丁寧な言葉遣いや作法は、業務経験を積むうちに身につけることができる上に、社会人としての基本マナーとなるため、どのような場面でも発揮できるスキルです。

また、マナーは行動だけではなく「見た目」にも必要なスキルです。相手を不快な気持ちにさせない「清潔感」のある髪型や服装も、サービス業では自然に身についていくでしょう。

コミュニケーション能力

サービス業では、お客様のニーズを引き出すために、自分から積極的に話しかけることが必要になります。つまり、受動的ではなく「能動的なコミュニケーション」を取る姿勢が身につくと考えられます。

初対面のお客様に対してであっても、相手の情報を引き出す会話を「自ら」持ちかける必要があるからです。また、お客様から相談や要求を持ちかけられる場面も多くあります。

親身になって対応することもサービス業には欠かせない要素であり、お客様との会話を繰り返す中で、コミュニケーション能力が自然と培われていきます。

気配り

お客様が求めているサービスを常に意識して行動しているため、細やかな気配りを身につけることができます。相手が求めていることを察して、先回りして対応するためにサービスとして絶対に欠かせないスキルです。

気配りは、サービス業だけでなく他業種で働く場合でも欠かせないスキルです。「自分にできることはないか」と常に考え、幅広い視野で仕事を進められるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA